藤原麻里菜の日記

藤原麻里菜が書く!

無駄づくりはヨーガ

 

7月2日

台湾の展示で忙しくて、無駄づくりを全くしていなかった。連載も休止していて、寄稿の依頼もコラムでお願いしていたのだ。暇じゃなくなると、無駄づくりをしなくなるし、する気もなくなる。暇だから私はやっていた。

重い腰をあげて、なんとなく頭にあったやつを作ってみた。そうしたら、めっっっっちゃくちゃに楽しい。時間があっという間に過ぎた。工作をしているときは、無意識の中にいる。禅みたいだ。無駄なものを作るのは禅の教えから背いていることみたいだけれど、工作はヨーガだ。無駄づくりを続けていると解脱できそうな気がする。宇宙だ。

 

続きを読む

福岡 苅田 相圓寺 仏像がいっぱい

3月に福岡のアジア美術館で展示をしたのだが、設営とトークイベントの間に空いている日があったので、苅田まで高速バスで行った。

福岡に住んでいる知人も来てくれて、二人で一緒に山の中にあるお寺へ向かった。

 

f:id:fujiwaram:20180324112818j:plain

f:id:fujiwaram:20180324130545j:plain

 

f:id:fujiwaram:20180324130816j:plain

 

山を歩くとダムがでてきた。こんなに綺麗な水はみたことない。

 

f:id:fujiwaram:20180324134820j:plain

 

ダムを通って山道を進むと、山道に仏像が置かれているのが見えた。

 

f:id:fujiwaram:20180324131543j:plain

 

f:id:fujiwaram:20180324131619j:plain

 

f:id:fujiwaram:20180324131610j:plain

 

 

f:id:fujiwaram:20180324132132j:plain

 

色とりどりな仏像たち。手作り感がある。

一体いくつあるんだ、というくらいの数。道に等間隔で並んでいたり、朽ち果てていたりする。ここを通る人たちは、一体一体にお辞儀をしていた。

 

f:id:fujiwaram:20180324132700j:plain

 

岩の階段を登る。これが、すごく急であぶない。死を覚悟した。

 

f:id:fujiwaram:20180324132805j:plain

洞窟にも仏像がたくさん。涼しい。

 

f:id:fujiwaram:20180324133033j:plain

f:id:fujiwaram:20180324133157j:plain

f:id:fujiwaram:20180324134620j:plain

振り返るとダムが見える。

 

ダムの前にあったベンチで、知人が焼いて来てくれたホットケーキを食べながら近況を話し合った。久しぶりに楽しかった。

 

福岡でおすすめの観光スポットです。苅田の内尾山 相圓寺。ぜひ!

 

「忙しい人は忙しいって言わない」じゃねえよ、ぼけ

忙しくて、しばらく日記を更新できていなかった。6月に台湾で展示があり、5月はその展示の準備でてんやわんやだった。なにせ、急に決まったものだから、結構ひどいくらい忙しかった。「忙しい人は忙しいって言いません」とか「忙しいとは、心を亡くすと書くので」とか、そういった「忙しいっていうやつはバカ」みたいな暴論があるが、そういうことを言うのは暇人のバカだ。忙しいって言葉があるのだから、忙しいときに忙しいって使って何が悪いんじゃぼけ。あ、やんのかこら。こちとら忙しいんじゃ。というくらいには忙しかった。

今は、秋頃に出版予定の本を書いている。これも忙しいような気がするが、自分自身の執筆のペースみたいなものが掴めず、スケジュール感がよく分からないので、まあ、少し焦りながらも自適にやっている。本は長々と好きなことが書けて楽しい。お金をもらってインターネットで書くときなどは、合間合間に写真を挟み込まなきゃいけなかったり、アメブロみたいに一文ずつ改行させられたりしてしまう。このブログを読んでいる人は何人いるだろうか。インターネットでこんな文章の塊を読むのは、けっこう辛いのだ。

続きを読む