PROFILE // WORKS // CONTACT


麻布でシャンドンするための個展

 

藤原麻里菜です。

 

先日、同期の芸人である猫塾とご飯を食べました。

f:id:fujiwaram:20150721140838j:plain

 

左のガリガリのほうは、酒寄。

右の明らかにヤバいほうは、田辺です。

 

猫塾と私は、NSCというよしもとの芸人養成所で知り合いました。若手芸人って、皆さんの想像通りわちゃわちゃしているんです。でも、私たちはどうもそういう雰囲気に入れないというか、わちゃわちゃして場を盛り上げてくれている人たちに気を使わせてしまうくらい当時は暗かったんです。私は、だいぶ明るくなりましたけど、酒寄はまだまだ暗いです。

 

というのも、ご飯を食べている時に

「5年後の休日、何してる?」という話になったところ

田辺がうーんうーんと迷って「西麻布・・・」とつぶやきました。

私もそういうラグジュアリってる未来しか想像できないタイプなので

「じゃあ西麻布のレストランに19時に待ち合わせね。」

「いいね。」

「結婚してる?」

「わたし、結婚願望はない・・・。でもシェフと付き合ってる。ここのレストランのシェフ。」

すごく調子がのってきた私たち。

「まりりんは?」

「私は、山田孝之か小説家。」

 

「・・・5年後だよ?」

酒寄のか細い声は私たちには全く届かない。

 

「田辺の彼氏の料理おいしい〜。」

「今日なにしてたの?」

「ニューヨークで春樹に会ってた。」「親友だもんねー。」

 「タップダンス習いに日本とアメリカを行き来する生活して・・・」「私は青山にマンション買ってー」「ダンサーの外国人に一目惚れされちゃう」「ブランドものの服とか沢山買ってるね」「いいねー。」

「 ちなみに酒寄は5年後なにしてる?」

 

「・・・キングダム全巻大人買い。」

 

 

 「私、2人みたいに将来に希望が湧かない。」

そう呟いて彼女はドリンクバーに向かった。

 

どうにかして、酒寄をポジティブにしよう。と2人で話し合うことになった。

「うーん。」

「なんだろうね・・・。」

「セミナーじゃない?」

「セミナーだね・・・。」

 

「セミナー・・・だね。」

 

ということで、私、個展やります。

 

「藤原麻里菜のアート」

2015年8月16日、22日、23日

朝から夕方くらいまで

場所:あをば荘 (押上駅から徒歩15分くらい)

入場料無料

 

何をするか全く決まってないという怖さの極みですけど

今まで作ったものを持って行ったり、シャボン玉吹いて「綺麗だね。」とか言い合ったり、アイス買ってきてもらったり、麦茶作ったり、人生相談したりしたいですね。

もし時間に余裕があったら、色々作って販売もしたいなと思ってます。ブローチとかTシャツとか・・・。

近くにスカイツリーもあるし、観光がてらふらっと寄って下さい。ぜひ。

怒ったりしないんで。ニコニコしてるんで。スケジュール帳にまるをお願いします。

 

詳細、決まり次第ツイッターフェイスブックでおしらせします。